StandUp

ブログ未経験者へ!なんのためにブログを書くのかまとめました

10497 Views

この記事は約 4 分で読めます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

boy
会社の経営者でブログをやっている人多いですよね。有名になれば多くの人が見てくれるので、それだけでモチベーションが高まりますが、普通の人ならば、そのようなことは稀です。

それならば、なんのためにブログを書くのか?

今回の記事では、ブログをやったことない人を対象に、人々はなぜブログをやるのかをまとめてみました。このような形なら自分でもやってみたいというものもあるかもしれません。どうぞご覧下さい!

自己アピール

自分の情報を多くの人に知ってもらいたい。そのように考えてブログを書いている人も多いです。例えば芸能人のブログはまさにそれでしょう。自分の私生活までさらして、ファンを獲得しにいくどん欲さは頭がさがります。

また、会社の人事ブログならば、会社の素晴らしさをブログで紹介することで、いかに魅力的な会社かと世間にアピールすることができます。

逆に、個人的な特技や技能をまとめたブログを書くことで、そのブログが会社の人事担当者の目に留まり、ヘッドハンティングされるということもあります。

ストレス解消

仕事への不満、夫への不満、社会への不満をブログとして書き出すことでストレス解消になることがあります。

友達には言えないような悩みや不満も、ブログならば匿名性が担保されていますので、そこがいいところなのかもしれません。

日記

旅行に行った時の写真を載せたり、ランチで食べたカツ丼がうまかったことを報告したり、日々の生活でのとりとめもない出来事をただただ綴っていくブログも多いです。この形のブログは世間で一番多いのかもしれません。

自分のライフログ的な使い方もできます。去年の今頃は何をしていたかなと、振り返ることができるのはいいですよね。

コミュニケーション

最近では、TwitterやFacebookなどの人気が高まってきており、ブログをコミュニケーションツールとして使っている人は少ないかもしれません。

ブログではコメント機能が用意されているので、自分の記事に意見をもらったり、その意見に返信をすることができます。

自分の意見に共感してくれる人が多くいることは嬉しい事ですし、反対意見を投じてくれる人がいれば、記事で書いた内容の理解が深まります。

知識のアウトプット

IT業界の人に特に多く見られる形です。ITの分野は日々進化しており、本やネットからの知識のインプットを欠かすことができません。

しかし、ただインプットをしただけでは、本当に自分のものになったとはいい難いものがあります。そこで、ブログで本から勉強した事やネットから獲得した知識を自分の言葉でアウトプットすることで、本当に自分の血となり肉となります。

自分の知識のアウトプットに対して、コメントをもらうことで、よりその知識に対する理解が深まるということもあります。

集客

ネットショップのブログで自商品の紹介をしている記事を見ることがあります。ネット上で商売しているネットショップであったり、Webサービスなどで、ユーザを自分のサイトに呼び込むためにブログを活用しているところも多いです。

ネット上のサービスは現実の店舗などよりも、目に見えない分、怪しさがどうしても拭いきれません。そのような時に、ブログで積極的に情報を公開していくことで、信用を獲得することができます。

本を出したい

本を出したい。このような理由でブログを書いている人は芸能人ぐらいでしょうか。しかし、自分ではその気がなくとも、一生懸命ある特定分野に絞ってブログを書き続けていれば、いづれかは・・・なんてこともあるかもしれません。実際、芸能人以外でもブログで有名になって本を出版している人も出てきています。

ブログの読者がそのまま本の購入者になってくれることもあるので、積極的にコミュニケーションをとって、ブログ読者と良好な関係を築くことも重要です。

まとめ

なんのためにブログを書くのかということについて、7つの視点から書いてみました。ただ目的もなくやるブログは苦痛でしかありません。「1日1000人以上の人にブログを見てもらう」「転職活動に活かしたい」「本を出したい」など、何でもいいと思います。せっかくブログをやるなら、具体的な目標を持って始めるといいかもしれません。

継続は力なり。自戒の念を込めて。

ブログ村に参加しています!良かったら応援ポチッお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

この投稿のトラックバックURL:

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*


è