StandUp

あなたは全部知ってる?Googleアナリティクスの基礎用語

18207 Views

この記事は約 6 分で読めます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

graph
ホームページやブログの運営に欠かせないツールはいくつかありますが、Googleアナリティクスもその中のひとつです。とても無料とは思えない高機能なツールですが、高機能なあまり、初心者にはとっつきにくい側面があります。

今回のブログでは、Googleアナリティクスを使用する際に、避けては通れない専門用語をまとめてみました。どれも超基礎的なものばかりですので、どれも当たり前のものばかりとは思いますが、万が一知らない用語がある場合は、みんなにバレないうちにマスターしてしまいましょう!

訪問数

訪問数とは、あなたのホームページに人が訪れてきた回数のことです。この回数が多いほど、多くの人が押し寄せる人気ホームページであるといえます。

この訪問数ですが、単純なようにみえて実は難しかったりします。例えば、あるホームページを訪問して、その最中に1時間ほどパソコンの前から離れたします。1時間後に席に戻り、開いたままのホームページを見たとしたら、これはトータルで1訪問にあたるのか、2訪問にあたるのかの判断が微妙なところです。

Googleアナリティクスではその辺りの判断基準を明確に定義しています。下記のような状況の時に、訪問数はリセットされ、新しい訪問と見なされるようになります。

・ユーザーの操作がないまま30分経過
・日をまたぐ
・違うホームページに移動した後で、再訪する

先ほどの例でいうと、1時間離席していたわけですので、はじめの訪問はリセットされ、トータルで2訪問あったということになります。

ちなみに、この訪問数という用語ですが、少し前まではセッション数と呼ばれることも多かったのですが、分かりにくかったためか、訪問数と呼ばれることが多くなってきてます。ただし、今でも訪問数のことをセッション数と呼ぶ人も多く存在するので、気をつけましょう。

ユーザー数

ユーザー数とは、あなたのホームページを訪問した人(ユーザー)数のことです。訪問数と混同されがちですが、訪問数は訪問した回数なので、1ユーザーが何回でも訪問することができます。それに対してユーザー数は、同じユーザーが何回訪問しても1ユーザー数とカウントされます。

ちなみに、このユーザー数という用語ですが、ユニークユーザー数(略してUU)と呼ばれることもあります。特にアクセス解析に詳しいひとほど使用する傾向があるので、気をつけましょう。

ページビュー数

ページビュー数とは、あなたのホームページの見られた画面(ページ)数のことです。よく略されてPVと記されることもあるので、覚えておきましょう。

このページビュー数は訪問数やユーザー数のような複雑なことは一切ありません。単純に見られたページ数を示しています。

このページビュー数をホームページの目標に置いている人は多いです。ブログなど、より多くの人に見てもらうことが狙いのメディアは、月間ページビュー数を目標とするといいかもしれません。

訪問別ページビュー数

訪問別ページビュー数とは、1訪問でみた平均ページ数のことです。この訪問別ページビュー数は単純な計算式によって算出できます。

ページビュー数 ÷ 訪問数 = 訪問別ページビュー数
例) 300PV ÷ 100人 = 3訪問別PV

上記の通り、1訪問あたりの平均PV数と意味的はイコールです。そのため、訪問別ページビュー数という用語は、平均ページビュー数と呼ばれることが多いです。

この訪問別ページビュー数が多いとは、どのような意味をもっているのでしょうか。それは、あなたのホームページに興味をもって、訪問したページだけでなく、他のページも合わせて見たいと思ってくれる人が多くいたということです。

1訪問で1ページしか見てくれないホームページに対して、1訪問で3ページ見てくれるホームページは、同じ訪問数でも3倍のページビュー数を稼ぐことになります。これほど効率的なことはないでしょう。

訪問別ページビュー数を稼ぐには、内容を充実させて、他のページも見たいと思わせるのも重要ですが、それよりも重要なのは、導線を分かりやすくすることです。ページを見てる時に、関連するページも併せて読んでもらえるように、コンテンツ配置を考えてみるといいかもしれません。

平均滞在時間

平均滞在時間とは、1訪問で滞在していた平均時間のことです。この平均滞在時間は下記のような計算式で算出できます。

総滞在時間 ÷ 訪問数 = 平均滞在時間
例) (3分 + 2分 + 1分) ÷ 3人 = 1分

この平均滞在時間は、ホームページの質を表現する指標のひとつです。明らかに最後まで見てもらえてないと分かる数字だとしたら、ホームページの質に何らかの問題があります。タイトルと内容がマッチしていなかったり、ユーザーが不快と感じる表現があるなど、要因を考えてみましょう。

直帰率

直帰率とは、訪問ユーザーが訪問したページ以外は見ずに、他のホームページに移動してしまう割合のことです。訪問別ページビュー数に置き換えていえば、直帰率が100%ということは訪問別ページビュー数が1と同義です。

訪問ユーザーはあくまでも、ある程度の目的を持ってあなたのホームページを訪ねているため、他のページを併せて読むということは寄り道ということになります。すべてのユーザーが寄り道をするとは考えにくいため、直帰率が0%になることはまずありえません。

訪問別ページビュー数のところでも触れましたが、1訪問で多くの寄り道をしてもらうことは、効率的に人を集める手段のひとつです。直帰率が高いページに関しては、導線の見直しを考えてみましょう。

新規とリピーター

新規とリピーターとは、あなたのホームページにはじめて訪問した人の訪問数と、前に一度でも訪問したことがある人の訪問数のことです。

ここで重要なのは、新規とリピーターの割合です。ホームページを始めた当初は仕方がないのですが、いつまでたっても新規ばかりでリピーターの割合が少ない場合は要注意です。リピーターとは別の言葉で言い換えるのなら、あなたのホームページの「ファン」です。

有益な情報を提供するホームページであるならば、徐々にファンが増えていくはずです。リピーターの割合が少ない場合には、ユーザーの求めている情報は何かということを再考してみましょう。

まとめ

今回の記事で触れた7つの用語はGoogleアナリティクスだけでなく、アクセス解析においても、基礎中の基礎ともいえる用語です。再度まとめておきますので、理解度チェックとしてご使用下さい。

① 訪問数:あなたのホームページに人が訪れてきた回数のこと
② ユーザー数:あなたのホームページを訪問した人(ユーザー)数のこと
③ ページビュー数:あなたのホームページの見られた画面(ページ)数のこと
④ 訪問別ページビュー数:1訪問でみた平均ページ数のこと
⑤ 平均滞在時間:1訪問で滞在していた平均時間
⑥ 直帰率:訪問ユーザーが訪問したページ以外は見ずに離脱してしまう割合のこと
⑦ 新規とリピーター:新規訪問数と一度は訪問したことがある人の訪問数

ブログ村に参加しています!良かったら応援ポチッお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

この投稿のトラックバックURL:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*


è