StandUp

無防備は危険!自分でホームページを作成する時に準備すべきもの

31973 Views

この記事は約 6 分で読めます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

cat
起業したらホームページが欲しくなる人。増えています。

名刺にホームページのURL書きたいですものね。

だけどホームページってどうやって作るの?

ここで思考停止する人ほとんどです。

それじゃあ専門業者に丸投げしてみますか!

お金のある人。正解です。

お金のない人。自分で作ってみませんか?

起業したばっかりは、資金に余裕のない人も多いと思います。そこで、ホームページを自作してやろう!という強者もおられると思います。今回の記事は、そのような勇気あるチャレンジャーのために、自分でホームページを作成する時に準備したいものをまとめました。これを読んだだけでは、決してホームページを作成する事はできませんが、形だけは整います。形から入る人にはおすすめの記事です!

ブラウザ

ホームページをブラウズ(表示する)するための道具です。Windowsユーザなら「Internet Explorer」が、Macユーザなら「Safari」がどのパソコンにも最初から入っているはずです。

その他に「Firefox」「Chrome」というようなブラウザもありますが、ブラウズという点では特に大きな違いはありません。興味のある方は調べてみてください。

余談なのですが、「Internet Explorer」は名前が長ったらしいため、「IE(アイイー)」と略されて呼ばれる事が多いです。これであなたも業界人の仲間入り。

ブラウザをダウンロードしてみる
http://www.forest.impress.co.jp/library/nav/genre/inet/browser_webbrowser.html

テキストエディタ

ホームページって何で出来てるのか知らない人も多くいると思いますが、何ら特別なものではありません。メモ帳ソフトを開いて、「りんご」と記述し、「home.html」という名前で保存して、ブラウザで見てみましょう。「りんご」と表示されましたね。ホームページっぽいものが出来ました!

このように、ホームページは「home.html」のようなテキスト文書によってできています。このテキスト文書を作成したり編集したりするソフトが「テキストエディタ」になります。メモ帳ソフトもテキストエディタのひとつです。

「テキストエディタ」には山ほど種類があります。無料で使えるソフトもたくさんあるので、興味のある人は調べてみてください。

テキストエディタをダウンロードしてみる
http://www.forest.impress.co.jp/library/nav/genre/offc/document_txteditor.html

HTML+CSSの知識

ホームページはテキスト文書でできているといいました。テキスト文書の中に、表示させたい文字を羅列していけば表示する事は可能です。しかし、普段目にしているようなオシャンティなホームページはこのままでは一生できません。そこで必要となってくるのが、HTMLとCSSです。

HTMLとは、ブラウザに「ここは段落だよ」「ここは箇条書きだよ」と文書の構造をブラウザに伝えるプログラミング言語です。HTMLという言語のルールを守って文書を記述することが大事になってきます。

次にCSSとは、ホームページをデザインするためのプログラミング言語です。文字に色をつけたり、文字を大きくしたりなどの装飾に関わる部分はHTMLではなくCSSの役割です。このCSSも普段目にするようなホームページを作るには必須の知識となります。

HTMLについてもっと詳しく知りたい方
http://www.kanzaki.com/docs/html/htminfo10.html
CSSについてもっと詳しく知りたい方
http://www.kanzaki.com/docs/html/htminfo17.html

画像

ホームページの部品として欠かせないものが「画像」です。自分の商品の写真だったり、ロゴマークであったり、ホームページには多くの画像が使用されています。ホームページ作成業者に頼むと、プロのカメラマンが商品の写真を撮りに来る事がほとんどです。それだけ画像はホームページの中でも重要な位置を占めているのです。

ただし、世の中には無料で画像を提供してくれる素晴らしいサイトが多数存在しています。とても無料とは思えないものもありますので、このようなサービスを利用してみるのもよいかもしれません。ただし、利用規約はきちんと読んで下さい!

世界的に有名な画像検索サイト
http://www.flickr.com/

サーバー

ホームページを世間に公開するには、「サーバー」というホームページ置き場に、作成したホームページを置く必要があります。ホームページの家みたいなものです。

このサーバーには無料のものから有料のものまで様々な種類のものが存在します。自分の使用目的に合ったサーバーを選択してください。

サーバーについてもっと詳しく知りたい方
http://www.next-web.ad.jp/theFirstTime/Hosting/server.html

ドメイン

ドメインとはホームページのありかを示す住所です。Yahooだったら「yahoo.co.jp」、Googleだったら「google.co.jp」です。ブラウザのURL欄に表示されるものです。

人間の場合だったら、家を借りればそこの住所を手に入れる事ができますが、ホームページの場合は、ドメインという住所をお金を出して契約しないと手に入れる事ができません。

ただし、自分の好きな名前をつけることが可能です。名刺にもこのドメイン名を書くことになりますので、慎重に考えた方が身のためです。

ドメインについてもっと詳しく知りたい方
http://www.next-web.ad.jp/theFirstTime/Hosting/dom.html

FTPソフト

あまりにも聞き慣れない言葉だと思います。FTPソフトとは自分の作成したホームページを置き場であるサーバーに置く為のツールです。自分のパソコン内で作成したホームページを、FTPソフトを利用してサーバーに転送します。ファイルのアップローダみたいなものと思ってください。

FTPソフトをダウンロードしてみる
http://www.forest.impress.co.jp/library/nav/genre/inet/servernt_ftp.html

まとめ

自分でホームページを作成する為に必要なものとして7点紹介させていただきました。自分でホームページ作るのやめようかな・・・。そんな声が聞こえてきそうで、紹介している自分も辛くなってきました。しかし、業者に委託するとうん十万円なんてものもざらです。険しい道が待っているとは思います。装備は揃いました。さぁ、冒険の旅に出かけますか?

ブログ村に参加しています!良かったら応援ポチッお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

この投稿のトラックバックURL:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*


è