StandUp

みんな知りたい!医療費控除で得する方法を解説

42011 Views

この記事は約 5 分で読めます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

medical

薬局の領収書でも捨てるな!

あなたは薬局に行ったときにもらえる領収書を捨てていませんか?この領収書を1年分捨てずに保管しておけば、一定要件を満たすことで払った税金が返ってくるかもしれません。意外と知られていませんが、病院だけでなく薬局で購入した薬の領収書でも医療費控除の対象になる場合があります。

今回の記事では、病院や薬局でかかった費用を医療費控除として申告して、税金を取り戻すにはどうすればいいかについて、なるべく分かりやすく解説します。

医療費控除とは?

医療費控除とは、病院や薬局での領収書で、税金を安くしたり、税金の還付を受けることができる制度です。

誰の医療費でも使えるかというと、そうではありません。自分と生活を共にしている家族が支払った医療費が対象となります。これを「生計を一にしている親族」といいます。

対象になる医療費は1月1日~12月31日までの、実際に支払っているものに限られます。よって、年末までに病院に行って治療してもらったけど、支払いは翌年になるというものは、翌年の医療費として申告してください。

対象となる金額には制限があります。次の式により計算した金額となります。最高で200万円まで控除できます。

所得が200万円以上の場合
⇒ (実際に払った医療費) - (保険などでもらった金額) - 10万円
所得が200万円未満の場合
⇒ (実際に払った医療費) - (保険などでもらった金額) - (所得の5%)

ポイントとしては、所得が200万円未満の方は、10万円ではなく所得の5%を引くということです。医療費の合計が10万円を超えていないと対象にならないと思い込んでいる方がいますが、所得によっては使える場合もあるのです。

医療費控除について
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm

どんな支払いが対象になるの?

医療費控除の対象となる支払いで、迷いやすいものやよく質問をいただく項目を以下の表にまとめております。

項目 対象可否
病気、怪我の病院での診察代、入院費、薬代
病気かどうかを調べるための健康診断費用 ×
健康診断の結果病気が見つかって治療につながった場合の健康診断費用
リラックスの為の保険が効かない鍼、灸、マッサージの費用 ×
病気治療の為の保険が効かない鍼、灸、マッサージの費用
病院に行く往復の交通費(公共交通機関)
病院に行く往復の交通費(タクシー)
病院に行く往復の交通費(ガソリン代) ×
妊娠、出産に掛かる検査や入院費
不妊治療の検査、治療、薬代
不妊治療のことを勉強する目的で購入した書籍等 ×
妊娠検査薬、排卵検査薬 ×
薬局で購入した風邪薬、目薬、絆創膏、湿布など
薬局で購入した健康増進の為の健康食品やビタミン剤 ×
美容の為の外科手術 ×
むし歯の治療、歯石の除去
治療のための歯の矯正
外見を気にしての歯の矯正 ×
目の治療、目薬の処方、レーシックによる手術代
コンタクトレンズ、メガネの購入代金 ×

※病院に行く往復の交通費(タクシー)については、歩行が難しい場合に認められます。その時の領収書や行き先や理由などをメモしたものの保管が必要となります。

医療費控除として認められるポイントとしては治療に必要な支払いなのか、予防・美容なのかです。同じ健康診断であっても、健康診断を行って病気が見つかり治療を行えば治療の一環として医療費控除対象となりますが、ただの予防・検査の健康診断で、病気の治療につながらないのであれば対象にはなりません。

医療費控除の対象となる医療費
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1122.htm

医療費控除で税金を取り戻す手続きの方法

手続きとしては2月16日~3月15日までに行う確定申告でのみ手続きをすることができます。

医療費の確定申告の際には以下の資料が必要です。

・確定申告書
・医療費の領収書すべて
・源泉徴収票など所得に関する資料

この医療費控除の手続きは、医療費控除の対象になるかを判断して、集計し申告書に記載するだけですので、誰でもできてしまいます。もしやり方がご不明な場合にはコメント欄よりご質問いただければと思います。

基本的にすべてお金を支払った際の領収書が必要となります。病院によっては領収書の再発行ができないところもあるようですので、保管には十分ご注意ください。

まとめ

このように、意外と知られていないのですが、医療費控除の対象となるものはたくさんあります。1年間領収書を保管するのは大変ですが、家族分を全部集めるとかなりの金額になることもしばしばあります。できれば医者にお世話にならないのが一番の節約ですが、もしお世話になってしまったら、せめて領収書を利用して税金を取り戻しましょう!家族にも相談して、協力してもらってはいかがでしょうか。

ブログ村に参加しています!良かったら応援ポチッお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

【免責事項及び注意点】
記載内容については個人的な意見、税制改正により正確性を欠く場合があります。また、一般的なお話で記載させていただいておりますが、個別要因及び認識や課税当局への主張の仕方により、税務リスクを負う可能性も十分考えられますので、実務上のご判断は、改めて専門家のアドバイスを受けてからの実行をお願いします。万一、当ブログの情報に基づき不利益を被った場合、一切の責任を負いませんので、予めご了承下さい。

スポンサードリンク

この投稿のトラックバックURL:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*


è