StandUp

劇的!SEO効果を高めるページタイトルの付け方

20964 Views

この記事は約 4 分で読めます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

graph

SEOにおけるタイトルの重要性

SEOにおいて最も重要な要素といっても過言ではないのが、ページタイトルです。ページタイトルはそのページが何について書かれているのかを、検索エンジンまたはユーザー(記事に訪れる人)に適切に伝えるという役割をもっています。

内容とはまったく関係のないページタイトルをつけていたり、そもそもページタイトルをつけていなかったりすると、検索エンジンやユーザーはそのページが何について書かれているのか分からず、大きな機会損失につながりかねません。

ページタイトルとは実店舗でいうと看板にあたります。看板のないお店や、何のお店か分からない看板が掲げてあるお店に、あなたは入ってみたいと思いますか?多くの人はNOと答えると思います。ホームページではページタイトルが看板の代わりです。みんなが入りやすいページタイトルがSEOにおいても重要となるのです。

ページ内容を適切に表現する

ページ内容とはまったく関係のないページタイトルがつけられていたり、そもそもページタイトル自体が未設定のものをたまに見かけることがあります。これは非常に残念なケースといえます。

また、極端な例にはなりますが、アニメの歴史について熱く語られているブログ記事を書いたとしましょう。そのページタイトルを「サッカー大好き!」というようなポップなタイトルにしたらどうでしょうか。検索エンジンやユーザーは、サッカーについて書かれていると思い、そのページを訪れることでしょう。しかし、その中身はアニメの歴史についてしか書かれていません。多くのユーザーはがっかりしてそのページを閉じてしまうことでしょう。

Googleなどの検索サイトは、このようながっかり体験をなるべくさせないように日々努力をしています。なぜなら、このようながっかり体験ばかりをさせられると、ユーザーは他の有能な検索サイトに流れていってしまうからです。

ユーザーにがっかり体験をさせないこと。それには、ページ内容を適切に表現したページタイトルを設定してあげることが重要なのです。

タイトルの重複は避ける

ページタイトルはページ毎に固有のものを設定する必要があります。中身が同じでタイトルが同じである場合は、それは検索エンジンから重複コンテンツとみなされ、ペナルティになる可能性がありますので直ちにやめましょう。ただし、内容が違うのに、タイトルが同じ場合は、大きな機会損失を招いている可能性があります。

内容が違うということは、必然的に異なるページタイトルを設定できるということです。アニメの歴史が書かれているページだとしたら「アニメの歴史」というページタイトルを、アニメのランキングが書かれているページだとしたら「アニメのランキング」というように、内容を適切に表現したページタイトル付けを意識している人にとっては、重複などまずありえないことかもしれません。

長すぎず簡潔に表現する

長すぎてぐたぐた感が否めないページタイトルや、SEOワードをふんだんに盛り込んだページタイトルはSEO的に逆効果が働きます。

検索結果の見出しはページタイトルが使用されていますが、この見出しには文字数に制限があります。長すぎて重要なところが文字数をオーバーしてしまい見えなかったり、SEOワードの詰め込み過ぎで意味不明なページタイトルになっていると、大きな機会損失を招いてしまいます。

インパクトを与える

ページタイトルは看板といいました。ただただ適切にページ内容を表現したページタイトルは、それはそれでいいのですが、つまらないものになるかもしれません。みんな似たようなページタイトルでは競合を出し抜くことができません。

適切にページ内容を表現した上で、プラスアルファとして、インパクトを与えるような、目を引くようなタイトルをつけることで、ユーザーの流入を増やすことができます。

お肉の通販のページだったら、「新鮮お肉の通販」や「激安お肉の通販」などとページタイトルをつけることで、ただ「お肉の通販」とだけつけている競合サイトよりも、断然目を引くものになりますね。ただし、嘘はいけませんよ!あくまでも、「適切に」ページ内容を表現することが前提条件にあります。

まとめ

結局は、ユーザーにがっかり体験をさせないようなページタイトルをつけること。これがページタイトルをつける上で最も重要な要素です。ページタイトルをつける時は、自分が検索ユーザーになったつもりで、「このSEOワードで検索した場合は、どのようなページタイトルが目を引くかな」ということを考えながらすると、もうこれは最高です!

ブログ村に参加しています!良かったら応援ポチッお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

この投稿のトラックバックURL:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*


è